診療時間
9:00〜12:00×
16:00〜19:00
犬猫以外16:00~17:30
××

休診日:毎週火曜日午後、水曜日休診

お問い合わせはこちら

最終受付時間:午前11:30、午後18:30まで
(犬・猫以外17:00まで)

〒400-0035 山梨県甲府市飯田4丁目8-22

甲府ユリイカ動物病院

専科診療

呼吸器科

犬猫の咳や呼吸のことでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

呼吸器疾患には発見が遅れると、治療が長期化したり、重症化し命に関わる重大な病気へと発展する場合もございます。
早期発見・早期治療のためにも、思い当たることがございましたら、お気軽にご連絡ください。

呼吸器科
Worries

こんなお悩みありませんか?

  • 鼻水・くしゃみがでる
  • むせる
  • 呼吸が苦しそう
  • 咳が出る
  • 眠そうにしているけど顔を上げてすぐに起きてしまう
  • お散歩などの運動を嫌がる
Case

症例

呼吸器科

呼吸器の主な疾患をご紹介いたします。

犬の症例

短頭種気道症候群

犬種の特徴である短い鼻や喉の形状が原因で、呼吸に問題を抱える病気です。症状には、鼻づまり、咳、喘鳴、呼吸困難などがあります。運動や興奮などが引き金となり、重篤な場合は呼吸停止に至ることもあります。遺伝的に短頭種である犬には注意が必要で、症状が見られた場合は速やかに相談しましょう。

ケンネルコフ

ウイルスや細菌によって引き起こされる犬の呼吸器感染症の一種で、キャンプやペットホテルなど、多数の犬が密集する場所で発生しやすい病気です。症状には、咳、鼻水、発熱などがあります。予防策としては、ワクチン接種や適切な衛生管理が必要です。症状が見られた場合は、速やかに診察を受けることが重要です。

気管虚脱

気管の軟骨が弱くなって崩壊し、気管が狭くなることで呼吸困難を引き起こす病気です。症状には、咳、喘鳴、運動時の呼吸困難、嘔吐などがあります。犬種によっては発症しやすい傾向があるため、遺伝的な要因も関与しています。軽度の場合は経過観察で良くなることもありますが、重症な場合は手術治療が必要になることがあります。早期に相談し、適切な治療を受けることが重要です。

猫の症例

猫喘息

気道が狭くなって呼吸困難を引き起こす病気で、喘鳴や咳、呼吸困難などの症状が見られます。アレルギー反応によって発症することが多く、ダニやカビ、タバコの煙などが原因となることがあります。また、運動や興奮などによって発症することもあります。診断には、症状の観察や血液検査、呼吸機能検査などが行われます。治療には、吸入薬やステロイド剤などが用いられ、アレルギー源の除去も重要です。症状が見られた場合は、速やかに相談しましょう。


Inspection content

検査内容

問診

不必要な検査は動物への負担になる場合もございますので、まずはしっかりと問診を行い、普段の様子や症状などを把握させて頂きます。
(症状や経過を時系列に紙に書いてご用意いただきますと、症状の把握や診察をスムーズに進めることができます。また、口頭でのご説明が難しい症状の場合など、動画をご用意いただきますと貴重な情報源となります。他の医療機関様で受信された際の検査データなどがございましたらご持参ください。検査の重複を回避することで時間短縮や費用を抑えられる場合がございます。また、より迅速かつ的確な診断に繋がります。)

聴診

肺の聴診を行い変な音がしていないかなどをチェックします。

サチュレーション(SpO2)・血液検査

血液の酸素濃度や炎症などの存在を確認します。

画像診断

レントゲン検査にて鼻・気管・気管支や肺の状態を把握します。
また、超音波検査にて喉や肺などを評価します、呼吸器以外(例えば痛みなど)の原因と考えられる場合、その追求としてお腹の超音波検査を実施する可能性があります。